つぶやき

Android端末で楽天モバイル(UN-LIMIT)のeSIM開通ができないとき。アプリのmy楽天モバイルで開通ではなくWEB上でmy楽天アプリにログインする方法

Hello world!
あなたの心のおとなりさん、ニャムレット(@nyamletblog)です。

楽天の電話回線サービス「Rakuten UN-LIMIT」でeSIMからeSIMへ機種変更する際、まったくナゾのトラブルが起こり、サポートに問い合わせてもつながらない、つながっても解決しないという悪夢の末に自力で解決しました。
Rakuten UN-LIMITで楽天モバイルからのプラン変更(移行)、機種変更などでeSIMの開通手続きをする際にうまくいかない場合の解決法を備忘録として記しておきます。

楽天モバイルからの移行、機種変更でeSIMを選択した場合

私の場合ですが、機種変更でSIM再発行手続きをする際にアプリの「my楽天モバイル」で開通手続きをせず、インターネット上の「my楽天モバイル」にアクセスして手続きしたらうまくいきました。

新しく使いたいスマホのほかに、パソコンや別のスマホなどブラウザを開ける端末を用意し、Wi-Fi環境で設定します。

パソコンや別のスマホなどでWEBブラウザを開き、ブラウザ上で「my楽天モバイル」にログインします。
会員情報が出てきたら「各種手続き」>「SIM交換」でSIM再発行申請します。
いままで使っていたスマホのモバイル回線が不通になり、しばらくして楽天に登録しているメールアドレスにメールが届いたら、メールに記載されたURLにアクセスします。
「my楽天モバイル」ログイン画面に飛ぶのでログイン。
「申し込み番号」>「お申し込み回線」の画面で「開通手続きをする」をクリックするとQRコードが表示されるので、新しく使いたいスマホでQRコードを読み取ると開通できました。

開通手続き、機種変更(SIM交換)でエラーになった場合

機種変更でeSIMからeSIMの交換手続きをしたのですがエラーが発生し、その後対応した実作業の内容を以下に記します。

Rakuten UN-LIMIT契約中でRakuten Miniを使用しており、MiniからGoogleのPixel4a(5G)に機種変更しました。
Pixel4a(5G)はGoogle公式サイトとSoftbankでしか販売していませんが、私はSoftbank回線のSIMロック解除した白ロム端末をネットショップで購入しました。

Rakuten Miniの「my楽天モバイル」アプリの「契約プラン」から「各種手続き」>「SIM交換」へ進み、SIMタイプをeSIMにして「再発行を申請する」をタップしました。
SIMの再発行申請をすると使用中のスマホからモバイル回線が解除され(モバイル通信が不通になります)、その後楽天に登録しているメールアドレスにeSIM再発行のお知らせが届きます。
このメールにはWEBから「my楽天モバイル」にアクセスできるURLが書いてあるのですが、私は機種変更したい端末(Pixel4a)に「my楽天モバイル」アプリを入れて、アプリから「開通手続きをする」をタップしてしまいました。
普通に考えたらその手順でも開通できていいと思うのですが、ここでエラーが発生します。
「もう一度お試しになるか、QRコードを読み込んでください」というようなエラーが表示されました。
何度試してもエラー表示のままなので、Pixel4aのネットワーク接続設定でSIM選択をする画面を開き「Wi-FiでのSIMのダウンロード」を実行。
ここでQRコード読み取りになるのですが、別のデバイスで表示させたQRコードを読み取らせたところ「Rakutenによってロックされています」というようなエラーメッセージが出て開通ができません。
この段階でサポートへ問い合わせたところ、システムで見てもたしかにロックがかかっていると言われました。
「サポート側で強制的にロック解除します」と言われて待ちましたが、「あれ・・・解除できないですね」となり、その後バタバタして、「解除に一週間から10日ほどお時間をいただきます」となりました。そんなばかな。

絶望しかけましたが、Rakuten Miniに回線を戻せないかと思いやってみると簡単に戻せました。
手順はMiniの設定画面から「ネットワークとインターネット」>「詳細設定」>「携帯通信会社」を開いて「携帯通信会社を追加」をタップします。
「モバイルネットワークへの接続」という画面が開き、「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップすると、なんのデバイスも紐付いていない楽天の回線(契約した回線)が出てくるのでそれを選択。
これでRakuten Miniに回線が戻されました。
この作業するのにどうして一週間かかるのか。。。

とにかくこれでスタート地点に戻すことができたため、改めてSIM再発行手続きを行います。
今度はパソコンなど別のデバイスのブラウザから「my楽天モバイル」にログインし、そこからSIM再発行手続きを申請。
楽天モバイルはSIM発行手数料0円になったので何回発行しても問題ありません。
これで有料だったら即解約ですね。
SIM再発行手続きをするとRakuten Miniが解除され、モバイル回線が不通になります。
しばらく待つと楽天に登録したメールアドレスに「SIM再発行のお知らせ」が届きます。
メールに記されたURLを開き、ブラウザで「my楽天モバイル」にログインし、「申し込み番号」のところを開きます。
「お申し込み回線」のところに「開通手続きをする」という枠があるのでそこをクリックするとQRコードが表示されます。
使いたい端末(スマホ)の設定から「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」を開き(もしくは「詳細設定」のなかの「ネットワークを選択」や「携帯通信会社を設定」などをタップ)、SIMのダウンロードを選択します。
画面がカメラの読み取りになるので、さきほどのQRコードを読み取ると、楽天回線が使えるようになりました。

母のモバイル回線が楽天モバイル(UN-LIMITではないほう)のままだったので、プラン移行としてUN-LIMITへ乗り換えしたのですが、そのときもすんなり開通せず、何度かやり直してやっと開通できました。
私の機種変更は白ロムだからうまくいかなかったのかなと思っていましたが、母は楽天純正のRakuten BIGを買ったのになおうまくいかず。
本当にヒヤヒヤするし、スマホの設定にムダに詳しくなる一方です。笑

楽天モバイルの公式マニュアルもあるので貼っておきますね。

楽天モバイル スタートガイド
Android/iOS(iPhone)対応 eSIM版

作業としては非常に簡単なはずなのですが、どこでエラーのトリガーを引いてしまっているのかもわからず、サポートセンターもシステムをまったく理解できていないというのが楽天モバイルの致命的な問題だと改めて思います。
さんざん文句を言いつつ使い続けているのは通信・通話料無料だからですが、課金されるようになったらahamo、povoのどちらかに乗り換えるしかないなと思ってます(´・ω・`)


Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/nyamlet/nyamlet.net/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/nyamlet/nyamlet.net/public_html/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9