つぶやき

サヨナラ印刷物。Googleフォトで学校のプリントも家の取扱説明書もスマホで閲覧。Googleドライブと連携で画像ファイル名検索も!

Hello world!
あなたの心のおとなりさん、ニャムレット(@nyamletblog)です。

小学校入学で一番驚いたのはやはりというか、印刷物の多さでした。
なにもかもすべてプリント。
一か所間違っていたら全部手書きで訂正。
よく先生たち発狂しないなと本気で思います。
そして私が発狂しそうです。
いまどきどんだけ紙を使うんだ。

私の勤務先ではペーパーレス化が義務づけられ、資料の印刷は禁止されています。
出席者には会議の前にファイルが送付され、ノートPCを持って集まり、各自の端末で資料を見ています。
資料に書き込みもしないし、紙でなくてもまったく問題ありません。
間違っていてもその場で修正できるし、必要な人に瞬時に共有も可能です。

で、小学校に戻りまして、クラスの配布物のほかに、PTA、学童、ボランティアとすべての活動を引き受けてしまったので、それらすべてのお知らせも当然印刷物で配布されます。
ニャム夫に頼んでリビングの壁にマグネットボードを作ってもらい、そこにプリントを貼ったりしているのですが、とても追いつきません。
あのプリントどれだったっけ・・・と探す時間のどれだけ無駄なことか。
しかも、会社や出先でプリントを確認したくても帰宅するまで見ることができません。
ヽ(*`皿´*)ノキィィィ!

そこで、印刷物をデータ化し、クラウドへアップロードすることでいつでもアクセスできるようにしました。
Googleフォトにデータ化した印刷物をアップし、アルバムを作成してカテゴリ分けすることで整理したのです。

印刷物をデータ化する

「データ化」というと難しいようですが、自分(プラス家族)が見てわかればいいレベルなので、スマホカメラでの撮影でもじゅうぶんです。
私は大量にあったのでスキャンしましたが、スマホでパシャパシャ撮ってデータにすればOK。

Googleフォトにアルバムを作成

Googleフォトを開いて「アルバム」を新規作成します。
「小学校」「学童」「PTA」「ボランティア」などカテゴリ分けしたいものごとに作成しましょう。

Googleフォトのアルバムにデータをアップロード

Googleアカウントでバックアップ設定していれば、スマホで撮影したデータは自動でGoogleフォトにバックアップされます。
Googleフォトにアップされたデータを、保存したいアルバムに移動させるだけで完了です。

Googleフォトのアルバムに画像を追加 ニャムレットの晴耕雨読スマホで操作する場合。
Googleフォトのアルバムを開くと画面右上に画像追加のアイコンがあるので、それをタップすると画像選択画面へ遷移します

ちなみにデータをアルバムに移動させても、「フォト」から消えることはありません。
反対に、「フォト」にあるデータを削除すると「アルバム」のデータも消えてしまうのでご注意。
PCのローカルフォルダなどにあるデータは、保存したいアルバムを開いてドラッグ&ドロップでアップロードするだけで完了します。
このときも、「フォト」にも同じデータが表示されるので、「フォト」を見るとなかなかに煩わしいことにはなりますが。。。

Googleフォトは「フォト」にアップされたデータに「アルバム名」をタグ付けしているだけなので、見た目はフォルダへ移動したように見えますが、実際には「フォト」に一括で格納されているデータがソートされているだけなんですよね(たぶん)。

GoogleフォトとGoogleドライブを連携させるとファイル名検索ができる

これで、確認したい印刷物をいつでもどこでもスマホやPCで見たり、ママ友に送ったりすることができるようになりました。

しかし、Googleフォトには致命的な欠点が。
ファイル名で検索ができないんですね。
じつは私、初めて知りました。
ひんぱんに見たいプリントには、すぐに検索で探し出せるように「年間予定表」などのファイル名にしていたのですが、これじゃ意味ない!
そこでGoogleドライブの登場です。

Googleドライブとは、DropboxやOneDriveなどと同じ、オンラインストレージです。
Googleドライブにアップロードしたファイルはファイル名検索できるので、探しているファイルが一発で見つかります。
Googleドライブは個人アカウントで15GBまで無料で使用できますが、画像をどんどんアップしていたらあっという間に容量オーバーしてしまいますね。
しかし!GoogleドライブにGoogleフォトを連携させるだけであれば、Googleドライブの容量は減りません。
この説明はのちに譲り、フォトとドライブの連携へ進みましょう。

連携はとっても簡単。
Googleドライブの「設定」を開いて、「『Googleフォト』フォルダを作成する」にチェックを入れて「完了」を押すだけ。

GoogleドライブとGoogleフォトを連携させる ニャムレットの晴耕雨読PCでの操作の場合。
画面右上の「設定」アイコンをクリック
GoogleドライブとGoogleフォトを連携させる ニャムレットの晴耕雨読「『Googleフォト』フォルダを作成する」にチェックを入れて「完了」をクリック

即時反映されないので「おや?」と思いますが、しばらくするとドライブ内に「Googleフォト」というフォルダが作成されています。
そうしたら、Googleドライブでファイル名検索が可能になります。

GoogleドライブにGoogleフォトのファイルを連携させてもなぜ容量が減らないのか?
これはGoogleドライブ内でGoogleフォトのファイルを閲覧できる状態にしただけで、Googleドライブにファイルを保存しているわけではないからです。
ただ、Googleフォトの設定で「写真と動画のアップロードサイズ」を「元のサイズ」(ファイルの本来の解像度を保存する設定)にしていると、Googleアカウント全体で使用できる容量は減っていきます。
Googleフォトは1600万画素以下のファイルであれば無制限に保存できるので、「写真と動画のアップロードサイズ」を「高画質」に設定していれば問題ありません。

ただし、どんなに高画質の画像も勝手に1600万画素に縮小されてしまうため、スマホカメラで撮影した画像を元の解像度で保存したい場合には、自分でバックアップを取るしかありません。
私は自分でバックアップ取ってます(`・ω・´)キリッ
無料のサービスがいつ有料になるかわからないですからね。。。